社員研修の種類を知っておくと便利

社員研修とは、社員の能力を高めることを意味しています。
この社員研修には様々な種類がありますが、まず新入社員が入ったときに行う新入社員研修があります。
これは、会社の内部の者が行うことが多くなっているのが特徴になります。
なぜなら、その会社の業務の内容などを丁寧に話していかなければならないからです。
外部に委託しても、それほど効果を上げることができないでしょう。
一方で、挨拶などの研修や基本的なマナーに関してはどこの会社でも同じになります。
例えば、電話マナーなどで言えば特定の会社だけ違う電話マナーを教えている事はまずありません。
このような場合には、外部の業者から委託をしたほうが安い傾向が考えられます。
もちろん、その業者によって料金が違いますので規模が小さい会社に関しては自分の会社の中で研修を行うことがあります。
このように考えれば、自分の会社の中で研修をやる方法と言えるでしょう。
ただ、やはりある程度規模が大きいところならば外部に委託したほうが安くできるのがポイントです。